トップ > NUME > 白ヌメ革・手縫い馬蹄型コインケース

白ヌメ革・手縫い馬蹄型コインケース
販売価格
6,500
支払い方法
銀行振込/クレジットカード/代金引換
サイズ・カラー・素材
       
注文数
品番
white-003
  • 即購入
  • カートに入れる
white-003-1
white-003-2
white-003-3
white-003-4
 
※革が出来上がった時点から色焼け等の変化が起こり始めますので画面の写真と若干異なる場合がございます。御了承下さい。

  手縫いの馬蹄型コインケース 
   白ヌメ革をあなたの色に変えて下さい

馬蹄。。。馬の蹄鉄の形に似ていることに由来した馬蹄型コインケース。何も染色されていないヌメ革を汚さないよう細心の注意を払いながら裁断し、糊を使い組み立て、手で縫い込んでいきます。糸が太いので縒(よ)らないようローを引きながら、革に開けた菱目に針を貫き形造る仕事は、1日の労働時間で熟練した縫子さんでも数個ほどしか作れません。絶妙なかぶせの閉まり具合は、最初きつめですが使っているうちの革の伸びを考慮した職人技なのです。コバは鉋で削り、目止め材を擦り込みすっきり仕上げています。1日に数個しか作ることの出来ない、貴重な馬蹄型コインケースです。是非お試しあれ!


  【御希望の方に≪イニシャル名入れ≫を無料で承ります】
  イニシャル(アルファベット)は2文字まで (例:K . T)
  名入れ位置  : 4枚の右端の写真に記載
  書     体:  センチュリー イタリック
  サ  イ  ズ  :  
  素押し・箔押し(金、銀箔)の3つの中からお選び頂けます。

 

  【カラー】
  00(白ヌメ) 

  【サイズ】
  77mm × 70mm × 厚み17mm

  【素材】
  生成りヌメ革

  【生産地】
  日本

 

【白ヌメ革について】

「白ヌメ革」とは牛革を植物タンニン(※1)にじっくり漬け込み鞣(なめ)され、人工的な塗料での仕上げもせず、型押しなど表面加工も施されていない革です。このタンニンに漬け込む作業は伝統的な鞣し方法で、この工程だけで1ヶ月以上かけることもあり手間ヒマのかかる作業です。

 

白ヌメの革の表面を軽く起毛させ薄く溶いたふのり(布海苔)(※2)を塗って仕上げた、革そのままの風合いを楽しめる逸品です。とても自然・環境に優しい素材です。

 

※1タンニンとは、植物に含まれるタンニン酸のことで最近流行のポリフェノールやカテキンなども
  この仲間です。タンニンに漬ける理由のひとつは防腐効果を得るためです。

 

※2ふのり(布海苔)とは、海藻の一種で古来からこれを煮てのりとして使われています。ふのりを付けて
  磨くと、ニスを塗った様に美しい色と艶が出て丈夫になります。

 

●お買い上げ頂いた商品は、部屋の中でかまいませんが、日光浴させてから使用する事をお勧めします。
 ヌメ革は、始めの状態では表面があまり強くありません。キズやシミになりやすい状態ですが、日に
 当てる事により強度が増して、色もだんだんと深みを増していきます。

 

●白ヌメ革は、自然で丈夫ですがその反面デリケートな革なので革用オイル等で丁寧にお手入れをして
 頂ければ5年、10年と傷さえも味わいに変えてお使い頂ける耐久性を持っています。

 

●白ヌメ革は、染色が施されていない為、動物が元々持っているしわや傷痕、血管が通っていた跡(血スジ)
 等がそのまま革に模様として現れます。自然な風合いとしてお楽しみ下さい。

 

 ※※イニシャル名入れ御希望の方は、注文画面の通信欄に御記入下さい。
    1)アルファベット 2文字
       例:K . T
    2)3つの中からお選びください。
       〜撚,
       箔押し(金色)
       G鷁,(シルバー色)